建設の求人サイト、どんなところに注意すればよい?

建設業界でぜひ転職がしたいと思ったら、求人サイトを活用することをオススメします。

転職情報誌の情報だとどうしても掲載のタイミングにタイムラグがあったり、掲載範囲が限られているため現場のことを深く知れないといったデメリットがあります。

求人サイトであれば、企業情報が一目瞭然で応募も簡単です。

また、最近では建設に特化した求人サイトが豊富にありますので、ぜひ利用してみてください。

【求人サイトの見方】

一般の転職サイトと同様、職務内容や給与などの項目があるので確認してみましょう。

学歴不問か、未経験OKか、経験者優遇か、必要な資格はあるかなども大事な項目です。

また、女性が活躍している職場か、寮が完備されているか、車通勤可能か、土日休みかなども人によっては大切でしょう。

もちろん、施工管理など希望職種で絞り込むことが可能です。

【就業までの流れ】

求人サイトによっては、直接応募する方法と転職エージェントを利用する方法があります。

直接応募の場合は面接~採用まで企業と直接行うことになりますが、エージェントが間に入る場合は応募後に条件ヒアリングなどを経て企業に推薦し面接~採用という流れになります。

これまでの経歴をまとめた「職務経歴書」でスキルの棚卸しをしておきましょう。

面接では必ず志望動機を聞かれますので、未経験であっても業界研究や目指している職種がどんなものかをしっかり調べてアピールすることが大切です。