建設の求人の中でも、施工管理はオススメの職種である

建設の求人の中でも最も求人数が多く、需要がある職種といえば「施工管理」でしょう。

資格をお持ちであれば、やりがいのある仕事です。

施工管理とはいったいどのような職種になるでしょう。

【施工管理とは】

施工管理をひとことで表すと「ひとつの建設プロジェクトを円滑に進めるためのリーダー」的存在といえます。

建設はひとつの会社で行うことはほとんどありません。

建設業者や土木作業員、電気や空調などさまざまな会社から人が集まってきます。

そういった人の声を聞きスムーズに工事を進めるのが施工管理のミッションです。

また、そのために必要な「管理」を行うのも施工管理の仕事です。

建設資材や人件費の管理、工期のスケジュールの管理、建設中の建物の品質管理、事故が起こらないための安全管理の4つが主な管理業務となります。

【必要な資格はあるのか】

施工管理の求人は未経験でも募集がありますが、採用後取得が必須といっても過言ではない資格が「建築施工管理技士」です。

建築施工管理技士は1級と2級があり、1級はありとあらゆる工事に関する知識がある建設のエキスパート的資格です。

電気工事施工管理技士や土木施工管理技士など分野ごとに分かれた資格もありますが、それを統合したものと考えてよいでしょう。

建築だけでなく土木や電気などの知識も必要とされ、試験には施工管理法といった法律や一般的な建設についての法律の理解も問われます。

また、学歴に伴う実務経験も問われます。